忍者ブログ
色々と書きます
こんばんは。

この前、かなり良い夢を見て、しかも内容をしっかりと覚えていたので、夢日記を書いてみようと思います。

まず、夢の中の自分は思想の自分と言動や行動の自分とで分かれていました。
現実の私は思想の自分とリンクしていたので二重人格みたいな感じですね。


夢は女性とデートしていてその帰宅途中というところから始まります。時刻は夕方くらいです。
電車の中で楽しそうに話しをしている私と女性。
付き合っているわけではなく特別仲のいい友達みたいな関係。
その女性がめっちゃ自分好みだったのでその時点で最高なんですよね。
話の流れから動物園に行った帰りでした。女性が
「今日は楽しかったねー」
とか言ってました。やるやんけ自分

駅について女性を家まで送るのですが、どうやらその女性は寮暮らしのようでしかも他は全員男性というところみたいです。
そして寮に近づくや寮の窓から男性たちが一斉に顔を出してきて帰れコールです。
そこの男性たちはその女性に惚れているらしくファンクラブみたいになっているようです。
しかし夢の中の自分は「うっせー」とか「帰るかばーか」って言っています。
強気です。凄いぞ自分って思ってました。

寮について女性から部屋まで案内されるわけですが、その間中も強烈な視線や文句の嵐です。
ただそんなに仲は悪いってことではなくお互いに認めている様子。上手く立ち回っているんですね。
そして女性の部屋の前に到着するんですが、ここで登場するのがこのファンクラブのリーダー的存在。Sとしておきます。
そのSだけは顔もはっきり覚えていて、爽やか系の超絶イケメンです。白ブラウス着てました。
「近づいてんじゃねぇぞ」
「お前には関係ねぇ」
他の男性たちは遠くから文句を言うだけでしたがSだけは近づいてアクションを起こしてきます。流石リーダー的存在。でもそのSを軽くあしらう夢の自分すげぇ!しかもイケメンなのに私がその女性の隣にいれているという優越感。
Sとは一色触発みたいな状態になりますが、なんやかんや笑いあって収まります。Sとは特に仲が良いようです。

それで部屋に入って何か適当におしゃべりしてました。
テレビ見ながら笑いあったりとかしてました。すげぇよ夢の自分。
そして夜になって部屋を後にします。お泊りはしないようです。
玄関で別れ際に軽くお話しているとどこから嗅ぎ付けたのか寮の男性が出てきてまた私の方を睨み付けてきます。そんなのはお構いなしに女性と最後にバイバイして別れます。
寮からの帰り道、窓から男性たちが顔を出し「元気でなー」「もう来んなよー笑」と声をかけてきます。こいつらツンデレかよ。夢の自分もまたな!と手を振って挨拶をします。
少し歩くとなんと目の前にSが現れます。
「見送りにきたぜ」
Sだけこっそりと見送りにきたようです。
「また来るから」
「ああ」
そう言葉を交わし私とSは熱く抱擁します。
男同士の友情や何と素晴らしきものか、そして夢の私がSの耳元でこう囁きます。

「ほんとはお前に会うためにここに来たんだぜ」

そして二人は幸せなキスをして終了





ここで目を覚まします。

いやおかしいでしょ。起きてツッコみましたよこれ。
まさかのホモオチ。しかも最後の囁き声を緑川光みたいなイケボで言ってたのがねもうね・・・。

普段夢日記はつけないですし、直前まで夢の内容を覚えていても後々まで覚えてるってこともほとんどなかったのですが、この夢だけは本当にハッキリと覚えていたので書いてみました。

夢の内容って自分の深層心理とか言われてますが、この夢はいったいどんな深層心理が隠されてるんでしょうかね。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
プロフィール
HN:
音ノコギリ
性別:
男性
自己紹介:
普段はダンおに作ってます。
ダンおに作品→
twitter→
P R
Copyright ©  -- 99階の隠れ家 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]